川崎市 武蔵小杉・新丸子の個別指導塾
044-819-5401
神奈川県川崎市中原区新丸子町736-1 戸川ビル2F
開校時間15:30〜22:00
資料請求
体験授業

Information

国語の読解問題(説明文)の勉強方法

2021年11月5日

国語力は受験だけでなく将来や人生にとってとても大切だと思います。

学校の国語で

『本に書いていることを理解できる』

『自分の言いたいことをわかりやすく伝える』

『あるテーマや課題、自分自身についていろんな立場を考慮した意見を言える』

こう言った力が身につきます。

学生にはその力がどれほど大切かわからないかもしれないけど、

『自分がやりたいことをやろういう時』『自分がやりたいことを相手に伝える時』、『今の自分に足りないものを補って知らないことを知ろう、できないことをできるようにする時』に国語力(読解力や要約力、伝達力や表現力)の差は大きく出ると思います。

そんな大きなことでなくても、資格を取ったり、論文、資料、データシート、報告書、特許、説明書を読んだり書いたり作ったり発表したり、いろんな場面でとてもよく使います。

だから国語力がある人とない人では同じ授業を聞いても、同じ本を読んでも、同じニュースをみても、同じような成功、失敗体験をしても、頭の中で考えていることが全然違うので、知識の結びつき方、定着率に差がでて、行動に差ができます。そして、授業を聞いたり、本を読んだり、いろんな体験は毎日毎日起こります。そいう意味で国語力は学習量と比例せずに指数関数的についていく性質が強いと思います。

だから、できるだけ年齢が若い時からしっかり国語を勉強しておくことは大切だと私は思います。

ここで本題に戻り、国語力を身につけるために何をすれば良いのか考えたいと思います。

国語力を『書いている文章を理解する力』と、『自分の言いたいことを言う表現力』に大別するならここでは特に前者の『書いている文章を理解する力』つまり読解問題の勉強法についてお伝えしたいと思います。

まず、読解問題と言うと説明文、物語文、随筆や紀行文などの種類がありますが、特にここでは説明的文章に絞ります。

説明文の問題で高得点を取るために必要なことは以下の3つです。

1、読解力・・書いている文章を理解する力

2、解答力・・設問から正解の根拠を見つける力

3、スピード

当塾ではこの順で対策を実施しています。

まず、1の読解力は書いている文章を理解する力であり、そのために最も大切なことは『筆者の言いたいこと』がわかる力です。説明的な文章を書く筆者は、自分が言いたいこと、メッセージ、主張があり、それを読者に伝えるために文章を書いています。ですので、説明文を読むときは『これを書いた人は何が言いたいのかな〜』と言うことを念頭に置く、ということが重要です。

そして、筆者は言いたいことわかりやすく読者に伝えるために例を使ったりしてストーリーに乗せてそれを伝えます。これが論旨展開です。

『これを書いた人は何が言いたいのかな〜』『その言いたいことをどんなストーリーで伝えようとしているのかな〜』ということを考えながら読み、それが言えればミッションクリアと言うことです。

ただ、そのメッセージやストーリーの捉え方が少し難しくて、どんな答え方でもいい、というわけではありません。

それは『シンプル』でなければいけません。

筆者は読者に対してわかりやすく、また間違いの内容に伝えようとしている訳なので、自分が一番言いたいことやそれを伝えるためのストーリーの中核に例や理由などの付属的な詳細をつけて文章にしているわけです。その付属的な情報を取り除き、よりシンプルな中核となるメッセージ(筆者の主張、いいたいこと)やストーリー(論旨展開)がわかることが『読解する』と言うことなのです。

シンプルな答えを求めるためにすることは以下の2つです。

1、不必要な言葉(あってもなくてもメッセージやストーリーに影響のない言葉)を除いたか、もしくは、簡単な言葉に言い換えられないか確かめる。

2、必要な言葉(ないとメッセージやストーリーがわからない言葉、文章におけるキーワード)が入っているか確かめる。

この読解力がなくても、接続詞の問題や指示語の問題など解ける問題もありますが、問題を作る人はここを抑えたかがを確かめたいので、そこが問題の中核になることは間違いなしということです。

次に解答力です。

解答力とは、『設問から正解の根拠を見つける力』です。問題を作る人は選択肢の問題も、記述の問題も、『これが正解』というもの(選択肢の問題は答えの選択肢、記述式の場合はキーワードや文章構造)を用意します。その際に本文のどこかにその問題の根拠が必ず存在するようにします。この文章が本文にあるから、ここは不正解、正解というふうにして問題を作ります。そうでないと問題作成者や読者の主観で答えが変わったり、読解力の正しい評価ができないからです。

ですので、問題を解くときは、正解の根拠となる文章を自分なりに見つけて、それを根拠に選択肢を選んだり、記述を書くトレーニングが必要だと言うことです。そして正解の根拠となる本文中の文章はだいたい解説に書いています。

ですので解答力のトレーニングは自分が根拠だと思った文章に線を引き、しっかり解説を読み、自分が思った正解の根拠の部分と、解説に書いている正解の根拠との差を見て、その差を埋めるようにトレーニングすることが有効です。

読解力、解答力の習得には個人差はありますが、まずは40〜80題ぐらいとかないと検討もできないので、上記のトレーニング方法を伝えて、とりあえず問題集を1冊、2冊しっかりやれることが大切かと思います。

そして、最後はスピードです。

スピードは意外と重要です。どんなに読解力や解答力があっても1つの問題に40分も50分もかかっていては試験が終わってしまします。そして、読解と解答にかかる時間の比率は概ね1対2程度、つまり15分で終わらせないといけない問題だと5分で読み切り、10分で解答するという時間配分になります。正解の根拠を見つける作業は時間がかかって仕方ないことなので、スピードで肝心なのはいかに早く文書をよみきるか、ということになります。

概ね目安は『1分500字』です。この時間で読み切り、メッセージとストーリーがわかるようになることを目指します。

当塾では音読をして、1つの文章を『1分500字』以内でよみ、要約、論旨展開のトレーニングを取り入れています。

これができるようになれば、説明的な文章は概ね大丈夫だと思います。

最後に、やはり、国語難しい問題は言葉やテーマが難しく、自分の不得意なテーマがでてきたら全然答えられないということがよくあります。(逆も然りです)つまり、いろんな単語の意味を知っていること、いろんなテーマの一般的な課題をしっていること、つまり文書を読む前の前提知識は読解に大きく影響します。

それ用のテーマや用語理解の本を一冊やるのも有効ですし、例えば選挙があれば、選挙の方法、各党の考え方、歴史、について普段から調べる習慣は大切だと思います。

一見自分には関係のないテーマにも関心を持ち、自分の意見や考えを作っておくことが長期的に見て有効かとお思います。

当塾で使用している教材(例)

【小学生】

・イソップ童話で要約と論旨展開を学ぶ(オリジナル教材)

・新小学問題集(小4〜小6)

・予習シリーズ(小4〜小6)(中学受験)

・出る順 国語読解(中学受験)

・過去問

【中学生】

・中学生の要約と論旨展開トレーニング(オリジナル教材)

・新中学問題集(標準編・演習編)

・神奈川県公立高校入試問題(H20年から13回分)

・私立高校の過去問

【高校生】

・現代文のアクセス

・現代文開発講座

・現代文と格闘する

・過去問